toggle

Profile


妹尾 美穂 せのお みほ



FantaRhyth代表







ピアニスト



作曲家



ピアニカ奏者



ドラムサークルファシリテーター



REMOエンドーサー/REMO公認ドラムサークルファシリテーター



ドラムサークルファシリテーター協会理事







岡山県出身

くらしき作陽大学音楽学部ピアノ専攻卒業。


8年間小学校で音楽講師を務め、ピアニストへ転向。

ピアニスト



ジャズピアノを菊池ひみこ、堀秀彰各氏に師事。

2007年から本格的に地元岡山でのLIVE活動を開始。

納浩一(b)、島裕介(tp)、多田誠司(as)、鳥越啓介(b)、藤井学(ds)、スコット・ハミルトン(ts)などと共演。

岡山県民文化祭「倉敷 Jazz Street 」では、大原美術館での初 JazzLive アーティストに抜擢され、大好きな東山魁夷の絵からインスパイアされたオリジナル曲などを演奏し満席の中、好評を博す。

2010年オリジナル曲を中心に収録した1stアルバム【*Ki-Ra-Ri*】を【Urban Jazz一期一会】よりリリース。
「JAZZ批評」(2011.3月号)マイ・ベスト・ジャズ・アルバム2010ジャズメロディー部門 24位にランクイン。

瀬戸内国際芸術祭2013関連事業として念願の東山魁夷せとうち美術館で多田誠司(as)とのDUOコンサート、信濃美術館東山魁夷館Caféコンサートで坂上領(fl)と共演。どちらとも満員御礼の中好評を博す。
2013年度ジャズ総合サイト「Jazz Page」人気投票、ピアニスト部門第3位となる。

2014年2ndアルバム【Ciel】を発売。東日本大震災でのボランティア活動をきっかけに想いを込めた希望あふれる多数のオリジナル曲を収録。オリジナルの楽曲評価も高く、表情豊かなピアノの音色は音で絵を描いているように聴こえ「音彩のピアニスト」と呼ばれる。
全員参加型のステージングや着物でピアノを弾くスタイルは各地で話題を呼んでいる。

ピアニカ奏者

小学校で音楽専科として8年勤めた経験を生かし、鍵盤ハーモニカを取り入れたコンサートや学校公演(音楽鑑賞会など)、器楽合奏の指導、鍵盤ハーモニカのワークショップなど全国で展開。

幼稚園や保育園では園児指導や園独自の鍵盤ハーモニカ指導オーダーカリキュラム作り、また職員研修も行い、先生たちの悩みをサポートしている。


おもに使用する鍵盤ハーモニカはヤマハ ピアニカp-37d。ヤマハWEBページにて「ピアニカ」 動画コンテンツに出演。

30年振りに2014年秋にモデルチェンジしたヤマハピアニカ「P-32E」 「P-32EP」の記者会見にてピアニカ演奏プレイヤーとして抜擢。

鍵盤ハーモニカを楽しく演奏するインターネットTV番組『ぴあんぱとあそぼう』に出演。

ドラムサークルファシリテーター

2005年に岡山ドラムサークル「FantaRhythm」を立ち上げ、ドラムサークルファシリテーターとして岡山で地域のコミュニティーを深める活動や様々なイベントでドラムサークルを行う。

2011年上京と同時にドラムサークルファシリテーター協会の理事となり、東京・岡山を拠点に全国で活動。

2012年からは国内最大音楽フェス「FUJI ROCK」のSTONED CIECLE、牛窓ナチュラルキャンプなど、様々な音楽イベントでもファシリテートしている。

2013年にはドラムサークルファシリテーターとして韓国ドラムキャンプへ招かれる。

毎年6月にはDRUM STRONGに参加。東日本大震災のチャリティーとして石巻の団体「子ども∞感ぱにー」の支援を行っている。

渋谷Club Asiaにて朝フェス「SUNRISE」に出演し、日本初、朝活ドラムサークルを行う。

2015年 ドラムサークルファシリテーター協会主催[ドラムサークルforウェルネス]で知的障がい者施設でのドラムサークル実践を発表。

  

仕事を終えた大人達が平日に集まり、ストレス解消や異業種交流、居場所作りとして[仕事帰りにドラムサークル]を東京で定期的に開催。

またドラムサークルファシリテーターとしてチャレンジしたいが、「楽器がない」「スタッフがいない」という人の為にFantaRhythmとして「ドラムサークルキャラバン」を実施し、その人が一歩踏み出せるように実践サポートをしている。

2006年、2009年、2015年Arthur Hull DrumCircle facilitators Play Shop JAPANに参加。

また、2015年 Arthur Hull DrumCircle facilitators Play Shop HAWIIに参加。

異業種交流、講演会、小学校・幼稚園・保育園、小学校の音楽鑑賞会、特別支援学校、愛育委員会、病院、デイサービス、世代間交流事業、商店街の活性化、婚活、企業研修、各種イベントなど 様々な現場であっという間に参加者の笑顔を引き出す自然体なファシリテーターである。

年間ドラムサークルを用いて咲かせる笑顔は5000人を超える。

最近では音楽鑑賞会でのドラムサークル実施や小学校での音楽専科として勤めていた経験を生かし、学校でのドラムサークル実践や先生向けのファシリテーションセミナーにも力を入れている。

妹尾美穂の活動をさらに詳しく→ Worksで紹介しています。